群馬県産シルク100%ボディタオル

こんにちは。キナリです。

本日は国産シルク(群馬県産シルク)100%のボディタオルのご紹介です。

ボディタオル=あかすり・・ですが、通常あかすりはナイロン製のものになります。

シルク(絹)のあかすりはどんな特性があるのかご存知でしょうか?

シルク製は、ナイロン製とはまったくの別物です。

 当店で販売しております国産シルク100%のボディタオルは、群馬県産シルク「ぐんま200」という糸で編まれています。

 ”ぐんま200″は群馬県で開発されたオリジナル蚕品種の繭を使った”ぐんまシルク”のひとつで、碓井製糸場でホルマリンなど防腐剤を使用しない独自の技術で製糸されています。

地元、群馬県みどり市のミヤマ全織さんが製品化した純国産の高級シルク製品です。

碓氷製糸場の高い技術で、ホルマリンや防腐剤などを一切使わず製糸されていますのでとても安心です。

 

絹は人間の皮膚構造に近いタンパク質を主成分としており、 お肌に大変なじみやすいのが特徴です。タンパク質中に含まれるアミノ酸の働きで、
肌に無理なく角質化した皮膚や余分な脂分をとり、老化を抑え肌の新陳代謝を活発にする効果があります。

実際に使ってみた感想ですが、角質が気になる鼻や耳周り・えり足などを、このボディタオルで軽く擦るだけで、お肌がスベスベになりました。

身体全体は通常のアカスリで洗い、気になる場所はこのシルクボディタオルで洗っていただくと良いと思います。

一度体験いただくと、やみつきなりますよ。

ミトンタイプもございます

群馬県産シルク100%ボディタオル

https://kinari.gift/?pid=152819651

https://kinari.gift/?pid=152819978